歴史

大橋屋の歴史は、慶応二年(1866年)、初代・太吉が新潟奉行川村清兵衛下屋敷を買い取り、鮮魚仲買商を始めた事に端を発します。
匠らの高度な技術と遊び心溢れた造作の木造三階建本館は、特徴ある料亭建築として評価を頂き、平成十五年に文化庁より登録有形文化財の指定を受けております。
また、別館本町茶寮は平成十四年には、バリアフリーの新館「本町茶寮」を新築いたしました。庭園は造園設計士桂川眞氏の作品で、心やすらぐ空間となっております。